相続放棄は期限に注意!

相続

神奈川県大和市の行政書士の角田です。

夫が借金を背負って亡くなってしまった。

こんな時にどうすれば良いか?

相続放棄をしましょう!!

相続放棄とは?

相続放棄とは文字通り相続を放棄することです。

相続を放棄するとはどういうことか?

相続人としての権利義務の一切を承継しないことです。

簡単にいえば、相続人ではなくなるということになります。

相続が発生すると、プラスの財産もマイナスの財産もすべて、相続人に承継されます。

なのでマイナスの財産である借金も相続人が背負う事になります。

これを回避するのが相続放棄です。

相続放棄は家庭裁判所に申述(申し述べる)することで、可能になります。

相続放棄をすると、借金だけでなく、プラスの財産も受け取れません。

なので、慎重な対応が必要ですが、あからさまに借金が多い時は、相続放棄をするのが得策でしょう。

もちろん、借りたお金は返すのが当然と思う方は、相続放棄する必要はありません。

ただ、夫がクレジットカードなどでしていた何百万もの借金を、残された家族が払っていくのは大変な事は間違いありません。

こういった時や、違う例になりますが、もう家族とは縁を切っていて、相続すればお金が入ってくるとしても、そんなものはいらない!という人にもおすすめの制度になります。

仮に一銭も受け取らりたくないと思っていたとしても、相続が発生すると、相続権のある人は、遺産分割協議書など、さまざまな書類に署名して、実印で押印して、印鑑証明書を提出するなど、色々な作業が必要になります。

こういったことを回避するのにも、相続放棄は使える制度です。

相続放棄には厳格な期間制限がある!

ただ相続放棄をするには、大事なルールがあります。

それが期間制限です。

自己のために相続の開始があったことを知った時から3カ月の間に、家庭裁判所に申述しないといけないことです。

3カ月は実務家の感覚からすると、とても短い期間です。

この期間に家庭裁判所に提出する書類を作成したり、戸籍を取得したりする必要があります。

配偶者や子供はが相続人の場合は、戸籍も少なくて済みますが、兄弟姉妹が相続人になる時などは、かなりの数の戸籍を収集する必要が出てきます。

遠方の役所などに郵送で戸籍を請求するときなどは、戻ってくるまでに時間がかかります。

何か所も郵送請求しているだけで、1ヶ月ぐらいはすぐに経過してしまいますので、注意が必要です。

もし相続放棄を実行しようと考えている方は、早めに行動するか、急いで専門家などに相談して下さい。

とういうのも、期限が短いのはもちろんのこと、ご自身が相続放棄することで、次の相続放棄が必要になったりするからです。

相続放棄の連鎖

例えば、夫、妻、長男、長女の4人家族だとします。

夫が借金を背負って亡くなってしまったので、相続放棄をしようと考えたとします。

この場合、妻、長男、長女が相続人になりますので、この3人が相続を放棄したとしましょう。

するとどうなるか?

もし夫の両親が健在だとすると、次の相続順位にあたる、両親が相続人になって、
夫の借金を相続することになります。

当然両親も借金など背負いたくないから、両親も相続放棄するでしょう。

次はどうなるかといえば、夫に兄弟姉妹がいると、今度は兄弟姉妹が相続人になり、兄弟姉妹も相続放棄が必要になります。

この様に、相続放棄が連鎖していくことになります。

こういったことも考えて相続放棄する必要がありますので、専門家に相談するのが一番得策かなと思います。

自分が相続放棄することで、ほかの人が借金を背負う事もありえますので、充分な検討が必要になりますが、相続放棄には厳格な期間制限がありますので、急ぎつつも、慎重な対応が必要になってきます。

参考までに相続放棄の申述の仕方が記載されている家庭裁判所のHPを載せておきます。
参考:https://www.courts.go.jp/saiban/syurui/syurui_kazi/kazi_06_13/index.html

ちなみに行政書士である私は相続放棄の申請書類を代理で作成できませんので、ご相談があった際は、司法書士の先生や弁護士の先生をご紹介しますので、お気軽にお問合せ下さい。

まとめ

・相続放棄は相続人ではなくなる為の制度です。

・相続放棄には厳格な期間制限があるので注意が必要。

・相続放棄の連鎖が起こる事もあるので、慎重な検討が必要な場合もある。

お気軽に質問、相談して下さい。

問い合わせ先:つのだ行政書士事務所

コメント

タイトルとURLをコピーしました